代表挨拶

日本で始まり、長い歴史を持つ剣道は、今や世界各国で230万人に愛される国際的な武道となりました。
その一方、日本国内においては、少子化の影響やプレゼンスの低さなどの理由で、子どもの頃に稽古を始めても他のスポーツに転向してしまったり、そもそも剣道が選択肢に入らないという状況が多く見受けられております。

このたび、剣道の素晴らしさをもっと多くの人に伝えたい、という気持ちを持った有志により、日本剣道振興協会を設立いたしました。
剣道は単なるスポーツではなく、日本の文化に基づいて育まれてきた武道です。
よって、剣道の普及とは、日常の稽古や試合などを通じて、剣の理法の奥にある武士の精神をも伝えることではないかと考えています。

肉体的、精神的につらく厳しいこともありますが、そこから得られる喜びや楽しさもたくさんの人に感じてもらいたいのです。

当団体は、剣道をやっている人は、もっと剣道が好きになるように、剣道を知らない人には、剣道を始めるきっかけになるように、剣道の理念や礼節も正しく伝えつつ、誰もが楽しめるような普及活動を行っていきたいと思います。

日本剣道振興協会 代表理事 阿部晶人
Contents お問い合わせ 最新の情報